ふじきっちが行く

2017年10月21日

ご無沙汰しております。久々の更新です。
今回は大阪 岡山 広島県に出張に行ってきました。
今回もモノ作りの現場を見ていただければと思います。

大阪の古着業者さん。  
TIGREBROCANTEの商品構成に欠かすことのでできないREMAKEライン。
REMAKEアイテムのもととなる古着をピックしていきます。
一点一点自分たちの目で見て触って生地感を確認しながら抜いていきます。
素材の色見、生地の状態、ダメージ、大きさなどを確認し、
商品の出来上がりをイメージしながら厳選します。
自らの足を運び現地でピックすることで、量産した際に一点一点のクオリティー
に均一性を持たせることができます。

 

岡山県 児島
古くからデニムの産地と知られているこの地域でTIGREBROCANTEの商品は作られます。
カジュアルなシャツやパンツの縫製、製品加工も行っています。
製品加工を以前からして頂いているHANGLOOSE様へ行ってきました。     

製品加工と一言で言っても大きな洗濯機で商品を洗う。というような簡単なものではなく
商品を染めたり、色を退色させたり、柄を作り出すなど、たくさんの技術とアイディアがあります。

TIGREBROCANTEの商品はほとんどの商品に洗いをかけています。洗い上がりの風合いを出したいという理由もありますが、お客様の手に渡った際に洗濯で縮んで着れなくなるということがないように、店頭に出す前に洗い工程を入れています。

広島県 福山市
岡山県 児島と並んで古くから地場産業として繊維、縫製が盛んな地域です。
福山市のパンツ工場さんに行ってきました。

 

CAMと呼ばれる、全自動裁断機です。何十枚にも重ねた生地を一気に裁断できる機械です。
同じものを大量に生産してモノが売れる時代ではありません。
裁断一つをとっても無駄を省き、少ロットのアイテムを作っていただいています。

TIGREBROCANTEのモノ作りは少ロットで手の込んだものが非常に多いです。
その分決して安い金額ではありませんが、金額に見合う商品、金額以上の付加価値を感じてもらえるよう商品でありたいと考えています。

秋冬モノの商品、ぜひ店頭にて見て着て感じていただければと思います。

ふじきっちでした!

コメントは受け付けていません。