初めての出張!~福山後編~

2017年12月21日

皆様こんばんは~!

企画の新人ナカノメイです!

 

お待たせしました!今回は福山出張の後編!

プリント工場さんと石北有美さんの工房を紹介したいと思います!

 

 

 

<プリント工場さん>

まずはプリント工場さんから

Tシャツなどに施されているプリントを刷る工場さんです

 

プリントの型をこのような巨大な装置にセットし、、

 

刷る位置を入念に調節してから固定していました!

 

様々な種類のインクやヘラを使用し、絵柄を刷っていきます

 

 

実際にティグルの絵柄を刷ってもらいました!このように1つの絵柄に2色使いたい場合は2つの絵型が必要で、初めに外枠を刷り、次に内側に色を入れていきます

自分は外枠をネイビー、内側を大好きな黄色で、、

柳さんは外枠を蛍光ピンク、内側を同じ黄色で刷ってもらいました~!どっちもかわいい!

 

いつも見ている絵柄が刷られている様子を間近で見ることができ、感激です、、!

 

 

 

<石北有美さんの工房>

次に伝統的な型染めの技法でオリジナルのテキスタイルを作成する染色家、石北有美さんの工房を見せていただきました

 

懐かしい雰囲気のある素敵な工房です!

壁には使い込まれてカラフルに染まったハケや道具たちが並べられています。かわいい!

 

石北さんの型染めは防染糊を使用する方法で、米ぬかなどを蒸して作ったこのような糊で防染し、防染していない部分に色をのせていきます

 

ちょうど防染糊を置いた生地を乾かしているところでした!

このように生地の両端をつるして乾かしていくのですね~!ハンモックみたいです!!

生地の裏にはこのような弓しんし針(竹の棒の先に針を付けた道具)を刺し、生地をピンと張ることで、糊や染料を塗りやすくします

様々な大きさの弓しんし針がありました!

 

 

プリント工場さんでも石北有美さんの工房でも普段見ることの出来ない柄が出来ていく過程や道具、技術を見せて頂き、とても感動し、興味津々な福山出張後半でした!

そんなプリント柄、石北さんの柄の技術や魅力を店頭にて直接見て感じていただきたいです!お待ちしております!

 

以上、企画の新人ナカノメイでした~!

コメントは受け付けていません。