ENGLISH

12.75オンスデニム

DSC05433

一軒の機屋さん。
その門戸をくぐると、織機の放つ、会話もままならないほどの轟音に圧倒される。
研ぎ澄まされた感覚の中で一糸、また一糸と紡がれ生地が織り上がっていく。
今まさに、生地が産声を上げている。

12.75オンスデニム。
黄色いセルビッチが特徴のティグルブロカンテ オリジナルデニムだ。
‘デニムは象の肌の様であるべき’そう話してくれたのは機屋の職人さん。
元々はアメリカの労働者の服であったデニムにはその質感が合う。
その為には力織機と呼ばれる、速度を落とし、
糸にかかる負荷を最低限に抑えたものが良いのだそうだ。
同じ力織機でも速度を早くする事は出来る。
しかしその分糸が張り、のっぺりとした表情になる。
機械もスイッチを押したら終わり。ではなく、
常時三人体制で管理し糸が切れたら機械を止め、繋ぐ。
一人一人、一糸一糸を紡いで織物と言うのは出来上がっているのだ。

DSC052671DSC05275DSC05437DSC05396


12.75オンスデニムを使用したアイテム
12.75オンスデニムトラウザーパンツ
12.75オンスデニムセパレートパンツ
12.75オンスデニムBIG5ポケットパンツ