ENGLISH

吊り裏毛スウェット

tsuriura1

昔ながらの特徴的な編み機。
ゆっくりゆっくり、糸に負荷をかけずに筒状に編んでいくことで、 柔かな風合いを壊すことなく、
重力に任せて生地が仕上がっていきます。
通常使用される高速編み機の180分の1のスピード(1日に約10M)でしか編むことが出来ません。

当然、スイッチを押せば勝手に編んでくれるはずはありません。
職人が日々、機械の微調整、メンテナンスを施しながら生産される生地。
細やかな時間と手間を一つ一つ費やした逸品なのです。



tsuriura2