ふじきっちが行く

2018年6月2日

広島 和歌山 出張

TIGREBROCANTEのモノ作りの背景をご紹介する、ふじきっちが行く!!

久々の投稿です!

TIGREBROCANTEの商品作りにおいて大事にしているもの、

それは『現場を活かせるモノ作り』そのため年に3回の展示会後

毎回生産現場に足を運び打ち合せをしています。

パソコンやネットが普及し、書面でのやり取りがほとんどになった、

洋服作りですが、TIGREBROCANTEではここの手間に妥協せず毎回生産現場に行っています。

 

広島県福山市

デニムや染めを中心とするカジュアルウエアーをすべて分業制で行うこの地域。

今回はパンツの縫製工場、製品加工を行う洗い場を紹介します。

縫製工場の現場。アイロンなどの下準備が出来上がりのクオリティーに大きく影響します。

一つの工場内にも4種類5種類もの商品が同時進行しており、

それによって生産ラインが分かれています。この全行程を常に把握しオペレーター

に指示を出す管理者。この管理者の技量で製品のクオリティーに大きく差が出てきます。

シンプルな中に着心地にこだわった縫製技術。

次の秋冬物も生産スタートです。新作も楽しみにしてください!

 

製品加工の現場

ここでは他ではできない生地の原反加工を行っています。

通常では縫いあがった商品を洗ったり染めたりしますが、

商品が縮んだり、アタリ感が出したくない時などに生地の状態で

加工を行うことでその問題をクリアーしています。

 

 

和歌山 カットソー工場

Tシャツ ニットの産地で知られる和歌山。

今回はTIGREBROCANTEのオリジナル素材スタージャガード

の裁断現場で打ち合わせてきました。

ボーダーやチェックなどの柄の裁断は通常無地の生地に比べ、3倍も手間がかかると

言われています。ボーダーのラインを左右のパーツにきれいに合わせて裁断する

柄合わせという技術です。

TIGREBROCANTEでは商品によって柄を合わせたり、敢えて柄を合わせずに作っています。

現場の職人さんと直接のやりとりをすることで、難しい要望にも応えてもらっています。

スカートが入荷しており、 Tシャツ ワンピースは近日入荷です!!

 

生地 縫製 加工 仕上げ ボタン一つをとっても

洋服1枚が出来上がるのにたくさんの人が携わり一つ一つの工程に

職人の技術が光ります。

たくさん見て触って着て感じて頂ければと思います!!

 

ふじきっちでした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。