徒然ティグル 2013.09.16

2013年9月16日

1

 

この秋オススメのデニムシャツ。ラウンドカラーがポイントです。
カーディガンやベスト、ジャケットと合わせる時に、襟の形が違うだけで
また印象がぐっと変わって見えます。

2

6オンスの薄手のデニムを使用。
ワンウォッシュでまだコシのある生地感ですが、クタクタに着倒して行きたい一着。

15,540-

3

蘭を愛でる女性。

コンパクトな形、丸襟、小さめのポケットのデザインはレディーススタイルにもオススメです。
ちらりとカーディガンから覗く襟元も良いですよね。


4

 

5

カーディガンのレッドステッチも可愛らしいアクセント。
ぐっと目をつめたTシャツ生地を使用しています。
さくっと羽織れる形と滑らかな生地感、今からの時期重宝する一枚です。
秋の4色で展開しています。

7,140-


6

 

7

今季最大のインパクト、ドクロ柄。ガイコツですがポップです。
薄手の柔らかいネル生地に手作業でプリントしています。1色につき1版。
重ねて刷る事で柄が現れます。ずれ無く仕上げていく職人の腕。

全身ドクロでガツンといくか、無地と合わせてアクセントを楽しむかは、お好みで。

18,900-


8

 

9


釉薬をかけて焼き上げた陶器。その釉をわざと削り落とします。
現れるのは小傷の入った土の触感。”ガサガサ”していて、持つのが楽しい。

吉田健宗さんのうつわ、”ガサガサ”シリーズ。

黒ガサガサ猪口(左)
1,890 黒ガサガサ面取猪口(右) 2,310-

10

秋とブラウンレザーの相性って良いですよね。
お手持ちのコートやバッグ、ボタンを変えたりワンポイントに付けてみたり、如何ですか。

レザーボタン(手打ち刻印) 31mm径
840- 27mm径 788-


11

 

12

汚れを落とし、色を補い、丁寧に磨き上げる。

伊東さんのシューケア、21日と22日に行います。
お持ちの方は是非ご持参下さいませ。

画像は前回ドラゴで行ったときのもの。左がビフォア、右がアフター。
スエードシューズはブラシで毛並みを整え、カラーフレッシュスプレーを仕上げに賭けることで
色あせた生地感が蘇ります。はっきりと分かる違い、面白いです。






14

 

13

 

15

先月、阿蘇の産山へ行ってきました。
池山水源と山吹水源。



洗われる心地。

イチノセダイ

コメントは受け付けていません。