福山・児島出張 ~物作りの現場を見る~

2019年2月26日

皆様お久しぶりです、中野です!


生産管理としては初めてのブログ更新となりますね。

 

先日物作りの現場を見に広島県福山市、岡山県児島市に出張に行って参りました!

今日はその様子を皆様にご紹介したいと思います!

 

 

今回は製品の染めや洗いなどの加工を行う工場さんや生地屋さんを中心に回る出張となりました。


 

 

ティグルブロカンテの製品は洗い上がりの風合いを出すためと、洗濯時に大きく縮んでしまうのを防ぐために、皆様のお手元に届く前に洗い加工を施しております。
このような大きな洗濯機やタンブラーで一度にたくさんの製品を加工しているんですね!

 

 



上のような樹脂のボールや軽石などを製品と一緒に加工することで、古着のような当たり感や退色感を表現することができます。

 


石の種類や大きさ、加工時間などでも仕上がりの様子が大きく変わるそうで、一括りにストーンウォッシュと言ってもとても奥深いものですね、、!
ティグルブロカンテお馴染みの6ozデニムタゴサクパンツのフェードカラーもこのような加工が施されています!

 

レディースの新作アイテムではミャオサロペットにもフェードの展開がありますよ!

 

 


ストーンウォッシュ以外にも前段のような染料を吹き付ける加工も見させて頂きました。
古着のような質感を出すために一枚一枚に手作業で染料を吹き付けています。
とても根気と手間が必要な作業ですね、、!

 

 

 

オリジナルキャラクターであるナッティーなどのTシャツをプリントして頂いている工場さんへも今回初めて伺いました!

 

 

 

上のような回転する機械にプリントの版とボディをセットしてプリントして行きます!

 

 

 

プリントする位置を細かく調節し、ズレないよう版を固定してプリントします。

 

 

 

 



プリントに使用する染料や版がたくさんありますね。

 

 

 

 

カメラボーイナッティーや春夏新作のとびげりナッティーの版も!

 

染料の乗せ方や、版の目の細かさなどでも、プリントの線の雰囲気やディティールを調節しているそうです。
職人さんの長年の経験と技術でナッティーのプリントTシャツも出来上がっているんですね!

 

 

 

皆様、如何だったでしょうか?
物作りの現場を見るたびに、一つの製品にたくさんの方が関わって出来上がっているんだなと改めて感じます!
皆様にも、”このデニムはこういう加工がされているんだ” ”このTシャツはこんな感じでプリントされているんだ” とティグルブロカンテの商品を手にとって感じて頂けましたら幸いです。
これからも工場さんの良さを活かしたティグルブロカンテらしい素敵なアイテムをお届けできるよう、頑張って参ります!

 

 

最後までご覧頂き有難うございました!

中野

コメントは受け付けていません。