le textile asiatique アジアの素材展

2013年10月21日

表面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

le textile asiatique アジアの素材展
2013.11.2(sat)~10(sun)
JR博多シティAMUプラザ博多 5F 東急ハンズ側エスカレータサイド
presented by Lapin Brocante

 

ネパール高地に住むカシミヤ山羊の希少なウールから手織りされるパシュミナストール。伝統的に女性により受け継がれるインドの手縫い刺し子生地、カンタ。チベットの高原に生息するウシ科の動物ヤクから採集される産毛を使って編まれるヤクウール。福岡発信のアパレルブランド、ティグルブロカンテが手掛ける、アジアの上質な素材を使った洋服やスカーフをお届けします。

 

冬の時期にだけ生えるあごから胸の産毛を傷つけないように優しく採取する工程。昔ながらの織機で施される丁寧な手織り。古くなった生地を重ねて縫い合わせることで再利用する知恵。手縫いから生まれる素朴で温かみのある刺し子の生地感。1つ1つ人の手が入ることで上品なクオリティと素朴な風合い、その土地ならではの伝統が詰まった逸品が生まれます。

 

この機会にアジアが生み出す上質なファブリックに触れてみてはいかがでしょうか。皆様のお越しをお待ち致しております。

コメントは受け付けていません。